サラ金の審査基準を理解しておこう!

サラ金をはじめとし、銀行、クレジットカード、またはその他のローン審査でも審査のポイントは3点です。
1、年収
返済に必要なことは、収入です。ですから、収入は絶対的な条件のため、無収入の方や最低限の生活水準に満たない収入の場合は審査が通りません。なので、審査基準で最も重要なのことは「年収」なのです。審査のひとつの目安として、年収200万円のラインがあります。年収200万円以下の人はローン審査に通らないことがあるといわれているのは、生活費で収入を使いきってしまうため、返済財源がないと判断されてしまうからです。
2、債務残高
ほかにも返済先があるなら、それだけ次の返済財源が少なくなるので審査が厳しくなります。しかし、借金がなくても限度額が低くなる場合もあります。
3、返済履歴
一般的には2ヶ月以上滞納すると履歴に傷がついてしまい、借り入れが出来なくなる期間ができます。また、残高不足のため、後日延滞金が加算を繰り返しただけでも履歴に傷がつくことがあります。さらに、保証会社を通じた家賃の支払いや携帯電話の端末分割代金などのさまざまな支払いの遅れも返済履歴として記録されています。しかし、この返済履歴は、その審査会社によって基準が異なっています。また、情報収集の方法やカウントの仕方が違うためどこまでが審査の範囲となっているかが分かりにくくなっています。ですから、借り入れた金額を期日に約束通り返済しているならば、履歴としては問題はないと言えるでしょう。
関連