アルミパウチで水素水を飲むときのポイント

位置に飲む水素水の量とタイミング

市販されているパウチタイプの水素水を購入してこれから水素水生活をしようと張り切っている方もおられるかと思います。ですが「水素水って普通の飲料水として飲んでいいの?」「いつ飲むのがいいの?」などいろいろ分からないことは多いですね。そんな初心者のための水素水を飲む際のポイントを説明していきたいと思います。まず「基本的な飲み方」についてです。水素水は普段の飲用水の代わりに飲むという感覚で飲用できます。ただアルミパウチ商品を購入した場合は、高価なので一日何袋も飲むのはもったいないという方もいらっしゃるかもしれません。そんなときは一日300ml~500mlを目安に飲むようにしましょう。飲むタイミングとしては、朝起きた時、食事と一緒に、お風呂上りに、二日酔いの時など体が特に水分を必要としている時は、体内で吸収されるスピードもはやいでしょう。自宅で生成器を使って作っている方、サーバーがある方は飲む量を気にすることもないので、自分の好きな時に飲むことが出来ます。

飲み方の注意点

アルミパウチは開封したら、井戸に飲み切ることをおススメします。それが難しい時には何回かに分けて飲むこともできますが、なるべく水素が抜けてしまわないようにふたを閉めましょう。空気を押し出して、水素水がこぼれないギリギリで栓をします。このようにすれば空気が抜けにくくなります。もしコップに次いだ場合、水素量は半分程度に減りますからなるべく早めに飲むようにしましょう。夏は冷蔵庫などで冷やして飲んでもいいかもしれません。冬は容器ごと湯銭などにかけて人肌に温めることができます。ただ沸騰させると水素が拡散されてしまうのでされは避けましょう。水素の量を飲むときにどのくらい残せるかがポイントになるので飲み方にも気を付けながら水素水生活を楽しんでください。